CHECK

非接触で物の厚みが測れる静電容量型変位センサとは?知っていると便利な情報をご紹介します

変位センサには、測定原理や利用するストロークによりいくつかのタイプがあり、このようなことから利用用途が分類されます。
静電容量型変位センサは、主に導体である物体とプローブとの間の距離の変化も静電容量として捉え、物体の位置変化を非接触計測することが可能です。
このため極めて高い精度で測定を行うことが可能であり、ナノメートルオーダーでの位置変化の検出もできます。
絶縁体でも測定が可能な手法も知られています。

非接触で物の厚みが測れる静電容量型変位センサとは?知っていると便利な情報をご紹介します

変位センサには様々なタイプのものがありますが、原理や利用するストロークなどで選択を行います。
このようなことから利用用途が分類されますが、静電容量型変位センサは、物体とプローブとの間の距離の変化も静電容量として捉えます。
物体の位置変化を非接触計測することが可能ですので、静電容量型変位センサは、極めて高い精度で測定を行うことが可能であり、ナノメートルオーダーでの位置変化の検出もできます。
物体としては導体であることが前提ですが、絶縁体でも測ることが可能となるテクニックも知られています。

静電容量型変位センサでできることは?

静電容器型変位センサは非測定物に接触することなく変位を測定できるという特徴をもち、様々な理由で接触できない機器にも使うことが出来ます。
できることとして最も大きいのがバイオサイエンスの分野での測定です。
バイオサイエンスの分野では微生物などの働きにより、新しい商品を生み出していきます。
その際に微生物に触れてしまうと、正常な働きが出来なくなります。
そこで触れずに計測を行える静電容量型変位センサを使います。
これにより、ナノメートルレベルでの変位測定や形状測定を行うことが出来ます。
静電容量型変位センサは工作機械や半導体にも使用されます。
小さなアイテムの場合にはそもそも直接的な計測が難しいことが多いです。
スピンドル動特性評価システムを活用することも有効となります。
これは動きのある物体に対する計測方法としてよく使われます。
細菌類の動きなどを見極めて、生産活動に生かしたいときにもうってつけといえるでしょう。

静電容量型変位センサのいろいろな用途

今ではわれわれの身近な生活にも用いられるようになった工業製品は多々あり、そのなかには静電容量型変位センサというものも存在します。
これは戸建てやマンションなどの建物の外壁を調査する際に活用をされているもので、X線を放出するセンサです。
静電容量型変位センサはそれ以外にも色んな用途で使われており、医療・生産工場でも必ずといっていいほど備わっています。
ここでは各種用途の解説をおこなっていきましょう。
まず医療現場であれば、精密検査であるMRIとCT装置に組み込まれている補助機能です。
この二つは磁気共鳴という作用で人体の詳細な透視映像を手に入れることができます。
静電容量型変位センサは出力とスポットの位置調整をするのには欠かすことができません。
生産工場では検品作業で本領を発揮していて、完成品が流れるベルトコンベアの上部に静電容量型変位センサを備えています。
異物の混入などがないことを確かめるのに役立つ機能も持っています。

静電容量型変位センサの基本的な構成

静電容量型変位センサは静電気の変化を検知して変位を測定するものであり、その他の変位センサとは異なり様々な信号を発生する必要がないのが大きな特徴となっています。
その基本構成は静電気を測定する部分だけとなっており、非常にシンプルであることがポイントです。
様々な場所で影響を受けずに正確な数値を知ることができるため、現在では広く利用されるものとなっているのが特徴です。
静電容量型変位センサの資本構成は発生した静電気を検出するセンサが複数個搭載されており、これらの結果を出力する方式となっているため、非常に単純なものであることがポイントです。
そのため壊れにくく、またデータの取り扱いもしやすいものとなっています。
その他の変位センサの故障で多いのは、信号を出力する部分が異常をきたしてしまうことであり、その結果様々なトラブルが発生することも少なくありません。
基本構造が単純であることが使いやすい魅力となっており、注目を集めている変位センサとなっています。

静電容量型変位センサの使い方とは?

静電容量型変位センサは接触しないで測定対象の変位を高精度に測れるもので、センサ面と測定に合った面に作られる静電容量の変化を2面間の距離の変化として測定されています。
静電容量はセンサ部の面積と間の誘電率と距離の関係によって作られており、面を測って静電容量がある面内の粗さは全て平均化されて、検出されます。
静電容量型変位センサの使い方は測る対象が金属であれば校正なしででき、それらの変位を高精度に見られます。
過電流は発生した磁場と対立したものを形成し、変位した時の変化を検出原理としているので材質による影響を受けやすく、同じ素材であっても面が移動するとして変化が生まれてくるのです。
電解はセンサ面から測る側に対して広がりをもち、約30パーセント広い面積が必要とされてきます。
面に対して必要な対象が保たれない場合、測定対象の側などを捉えて対抗したものに影響を与えるので注意しなければなりません。
目当てのものが移動する変位測定では静電容量方式が最も優れていると言われています。

に関する情報サイト
静電容量型変位センサに関する便利な情報

変位センサには、測定原理や利用するストロークによりいくつかのタイプがあり、このようなことから利用用途が分類されます。静電容量型変位センサは、主に導体である物体とプローブとの間の距離の変化も静電容量として捉え、物体の位置変化を非接触計測することが可能です。このため極めて高い精度で測定を行うことが可能であり、ナノメートルオーダーでの位置変化の検出もできます。絶縁体でも測定が可能な手法も知られています。

Search